産地ベトナム

日本で販売されているローヤルゼリーは、中国や台湾など、アジア圏から輸入されているものが多いです。
その内の一つに、ベトナム産のローヤルゼリーがあります。

ベトナム産ローヤルゼリーの大きな特徴といえば、価格の安さです。
ローヤルゼリーは蜂の巣から採取する他に入手する方法はありません。
採取は手作業でする必要がありますが、ベトナムでは収集にかかる人件費が非常に安いです。
コストが低いので、その分安価で販売できるわけです。

一例ではありますが、日本国内で購入すると100g24000円ほどのローヤルゼリーが、ベトナム現地では100g5000円ほどで手に入ることもあります。
ここに輸送コストなどが加わるので多少価格は上がりますが、相当安価であることは間違いありません。

価格が低いなら品質が悪いのでは?と心配になる場合もあるでしょう。
しかしベトナム産ローヤルゼリーは、高品質なものが多いのです。

ベトナムは気候が温暖で、自然が豊かです。
暖かい環境だとハチは活動が活発になりますし、ローヤルゼリーの材料になる花蜜や花粉をつける花も多く育ちます。
恵まれた環境の中で、ハチたちは無添加のローヤルゼリーを生成します。

農薬などの人工的な物質は、ローヤルゼリーの品質を下げたり、ハチを死なせてしまう原因にもなります。
そのため農薬などに汚染されていない、豊かな自然の中で作られたベトナム産のローヤルゼリーは良質なのです。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品