産地台湾

ローヤルゼリーの産地としては、台湾が高い人気を誇っています。

元々台湾は、ハチに関連した製品を多く扱っている国です。
ローヤルゼリーを利用した食料品やコスメは、土産物としても定着しています。

日本で販売されているローヤルゼリーの内、大半は外国から輸入されたものです。
輸入量の1位は中国ですが、次いで2位につけているのが台湾です。

台湾産のローヤルゼリーが人気の理由としては、比較的安価で購入できることや、製品が安定した供給量・高品質を保っている点があげられます。

台湾全土は熱帯、もしくは亜熱帯の気候に包まれており、日本と比べて温暖です。
日本では秋や冬といった寒い季節にハチの活動量が減少しますが、台湾の気候であればハチは常に活発です。

暖かい気候を好むハチが多数生息しており、ローヤルゼリーの原料になる植物も多くみられます。
ハチ・植物共に豊富なので、台湾では1年を通してローヤルゼリーが採取できるのです。
つまり台湾はローヤルゼリーの生産において、非常に恵まれた環境であるといえます。

これに対して日本は、寒冷期にはローヤルゼリーを採取しづらい上、ハチがゼリーを作る環境も十分とはいえません。
ローヤルゼリーの需要に対して、植物もハチも少ないのです。

日本の養蜂場でも、ローヤルゼリーの生成が増えるよう環境は整備されています。
しかしそれでも国産ローヤルゼリーが採取できる量は極僅かです。

採取量の少ない日本産のものと比べ、安定して一定量を採取できる台湾産ローヤルゼリーだからこそ、比較的安価で購入できるというわけです。

台湾は沖縄の西方にあり、日本と非常に距離が近いです。
生ローヤルゼリーは足が早く栄養が壊れやすいので、出来る限り早く、新鮮な内に摂取することが推奨されています。
外国産のローヤルゼリーは、輸入に時間がかかって鮮度が落ちてしまうのがネックですが、近距離の台湾であれば劣化は少ないです。
また輸送コストも抑えられるので、それも安価での提供に繋がっています。

加えて、台湾ではローヤルゼリーの鮮度を保つために、採取してからすぐに冷凍処理が行われます。
生ローヤルゼリーは品質管理が難しいですが、台湾では冷凍後の温度や衛生面への配慮も徹底されており、高品質を保ったままで輸送へと移されます。

しっかりとした管理体制に高い品質。
大量に採取できるため供給が安定しており、価格も購入しやすい範囲に設定されている。
台湾産のローヤルゼリーは、どの点をとっても非常に優れているといえるでしょう。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品