産地中国

日本で販売されているローヤルゼリーの内、約9割が中国産です。
中国はローヤルゼリーの生産量が多く、世界的にみてもトップクラスです。

ローヤルゼリーの大量生産を可能にしているのは、中国の広大な土地です。
土地が広ければ、ハチがローヤルゼリーを生成する自然環境を確保しやすくなります。

ローヤルゼリーは花粉や花の蜜から作られるので、豊かな自然は必要不可欠です。
中国には人の手の入っていない自然がたくさん残されているので、非常に好環境なのです。

また土地が広い故に、同じ中国内でも気候の差が生じます。
同じ時期に寒冷な地域もあれば温暖な地域もあるため、1年を通してどこかしら温暖な土地が存在します。
ハチは暖かいと活発に働くので、中国は常にローヤルゼリーを採取可能な環境というわけです。

また日本と中国はあまり距離が離れていません。
そのため中国は、ローヤルゼリー製造後、短時間で日本に製品を届けることが出来ます。
ローヤルゼリーは鮮度が命であり、時間が経つほど栄養が減ってしまいます。
中国産のものであれば、鮮度が落ちる前に入手が可能です。

中国産の製品には、安全性を危惧する声も多いでしょう。
しかし多くの中国産ローヤルゼリーは、厳しい管理のもとに製造されています。

例えば養蜂をする場合、周辺地域での農薬や抗生物質の利用が厳格に管理されます。
これは農薬や抗生物質が、ローヤルゼリーの品質だけでなく、ハチの健康にも影響するためです。

また輸入の際には、抗生物質がどの程度含まれているか調べる「残留抗生物質検査」を受ける義務があり、この他にも多くの検査が実施されます。
販売まで漕ぎつけるには、これらをクリアする必要があるので、日本で流通している製品であれば安全性は高いでしょう。

また中国産といっても、日本企業が監修をして製造している製品もたくさんあります。
この場合、養蜂に適した場所を選ぶところから、ローヤルゼリーの実際の生成や品質・衛生・保存・出荷などあらゆる過程が管理の対象です。

また中国産のローヤルゼリーの中でも、高水準の安全性を誇る製品の証として「公正マーク」があります。
公正マークは、全国ローヤルゼリー公正取引協議会の品質審査に合格したローヤルゼリーだけに使用が認められる印です。

審査を受けるのは、国内外を問わず、公正取引協議会に属している企業の製品のみです。
ですので全てのローヤルゼリー関連製品を調べているわけではありません。
しかし少なくとも、公正マークがつけられていれば、安全性が極めて高いと判断できます。
中国産ローヤルゼリーを購入するにあたって、一つの安心材料となるでしょう。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品