ローヤルゼリーの定義

ローヤルゼリーの定義は様々ありますが、簡潔にいうと「女王蜂のための完全栄養食」となります。

ローヤルゼリーを作るのはミツバチのみです。
スズメバチやクマバチといった、肉食の蜂によるローヤルゼリーの生成は確認されていません。

ミツバチは女王蜂、もしくは次期女王蜂の幼虫のためだけにローヤルゼリーを作ります。
女王蜂以外の個体がローヤルゼリーを食べることはありません。

女王蜂の幼虫は、孵化した時点では他の幼虫と違いがありません。

しかし生まれた瞬間からローヤルゼリーのみを摂取することで、女王として産卵できる体構造や、巨大な体躯・長寿命に成長します。

女王蜂は生涯にわたってローヤルゼリーのみを摂取するため、花粉や蜜といった別の栄養源は存在しません。

ローヤルゼリーの原料となるのは花の蜜や花粉です。

これらを若い働き蜂が体内に取り込み、脂肪酸などと合成。
唾液腺を通って体外へと分泌します。

完成したローヤルゼリーは、女王蜂の幼虫が育てられる「王台」という巣穴に集められます。
女王蜂が成虫であれば、働き蜂の口移しにより直接摂取します。

ローヤルゼリーは乳白色でクリームのような形状をしており、舌を刺すような独特の酸味があります。

女王蜂の食料として生成されるので、採取できるの量は極僅かです。
そのため同じ蜂の作るハチミツと比べ、高価で販売されることが多いのです。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品