チュアブルタイプのローヤルゼリーのメリット・デメリット

チュアブルタイプのローヤルゼリーには、栄養を壊さずに摂取でき、また服用に水がいらないといったメリットがあります。
デメリットとしては、製品としてあまり出回っていないことや、生ローヤルゼリーに近い風味がある点があげられます。

チュアブルタイプのローヤルゼリーは、錠剤の形をしています。
口に含んだら錠剤を一旦かみ砕き、舌の下部に移させ、溶かしながら吸収していきます。
この舌下吸引(ぜっかきゅういん)という摂取方法が「栄養を壊さない」メリットの鍵です。

ローヤルゼリーは非常に繊細であり、飲み込んでしまうと多くの成分が胃酸で分解され、失われてしまいます。
その点の心配がいらないのがチュアブルタイプです。
舌から栄養を吸収するので飲み込む必要がなく、ローヤルゼリーの成分をまるまる摂取することが可能なのです。

食道を介さずに直接血管へと栄養が流れるので、体中に栄養が運搬されるのも早くなります。
少しでも早くローヤルゼリーの効能を実感したい場合に非常に有効です。

また、錠剤は口内で吸収されるので、飲み込むための水を用意しなくて済むのもメリットの一つになります。
飲み物が手に入らなくても、問題なく服用することができます。

生ローヤルゼリーのように保存環境に気を使わなくてもいいので、手軽に持ち運びができます。
携帯さえしていれば、好きなタイミングに短時間で服用できるので、外出が多くても継続して摂取しやすいでしょう。

チュアブルタイプのローヤルゼリーのデメリットとしては、手に入りにくいという点があります。

ローヤルゼリー製品で多く出回っているのは、サプリメントなどの錠剤タイプです。
錠剤やカプセルタイプであれば、ドラッグストアなどで広く販売されています。
しかしチュアブルタイプは製品自体が少なく、取り扱っている販売店も多くありません。

ローヤルゼリーの摂取方法としてチュアブルタイプは理想的であり、推奨できるものです。
しかし入手するのに時間や手間がかかる場合が多いので、その点はマイナスになります。

またチュアブルタイプのローヤルゼリーには、生ローヤルゼリーに近い食べ辛さがあります。
ローヤルゼリーは継続的に摂取して効能を得るものですので、食べ辛さも大きなデメリットといえるでしょう。

味は調節されていない製品が多く、生タイプのローヤルゼリーのような酸味や苦味、香りが感じられます。
味の濃さは、それだけ多くのローヤルゼリーが使用されている証拠でもありますが、食べ辛さに繋がっていることも事実です。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品