ローヤルゼリーの採取方法

ローヤルゼリーは、蜂の巣から取り出すのが唯一の採取方法になります。
人工的には生成できない物質なので、蜂が生成するのを待って採取するしかないのです。

ローヤルゼリーは本来、女王蜂のみが食べる食料です。
そのため蜂たちは、女王蜂を育てる「王台」という専用の巣穴にローヤルゼリーを作っては貯めていきます。
人はこの王台から、ローヤルゼリーを採取します。

しかし王台は非常に数が少ないため、自然界の蜂の巣からは十分な量を集めることができません。
またローヤルゼリーを採取してしまうと女王蜂が育たないので、蜂の生態にも影響を与えてしまう恐れがあります。

そこで主流になっているのが「人工王台」を利用した採取方法です。
名前の通り人工的に作られた王台で、コップのような形から「王椀」ともよばれます。

まずはこの人工王台に、生まれたばかりの幼虫を移し入れます。
それから人工王台を蜂の巣にセットすれば準備は完了です。

ローヤルゼリー採取の仕組みですが、これは蜂たちが女王蜂を育てる習性を利用したものです。
実は女王蜂は、始めから女王として生まれてくるのではないのです。
卵の時点では、他の蜂と何ら違いはありません。

しかし孵化した瞬間からローヤルゼリーを与えられ続けることで、女王蜂として成長していくことになります。
女王として育ててもらうための条件は「王台に産み付けられる」ことだけです。

人工王台が巣にセットされると、働き蜂たちは新しい女王蜂の候補が生まれたと認識し、人工王台へローヤルゼリーを貯めていきます。
そして人工王台を複数設置することで、自然界で作られるより多量のローヤルゼリーを採取することが出来るのです。

しかし設置できる人工王台の数には限りがあります。
王台が多くなりすぎるとローヤルゼリーの質が低下してしまい、本来の高い栄養価が期待できなくなってしまうためです。

ローヤルゼリーを採取するタイミングは、王台をセットしてから72時間以内です。
ローヤルゼリーは鮮度がとても重要で、時間が経てば瞬く間に劣化していきます。

人工王台を巣から取り外したら、最初に移した幼虫を手作業で取り出します。
そして王台の中に残るのが新鮮なローヤルゼリーです。
ローヤルゼリーもやはり手作業で、ヘラなどを使ってひとつひとつの王台から掻き出していきます。

こういった地道な作業の繰り返しが、ローヤルゼリーの唯一の採取方法です。
非常に手間のかかる作業であり、採取できる量に限りもあります。
そのためローヤルゼリーには高価が付きやすいのです。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品