チュアブルタイプのローヤルゼリー

チュアブルタイプのローヤルゼリーなら、飲み込みことなく栄養成分を摂取することができます。

そもそもチュアブルとは、口の中でかみ砕いて摂取する錠剤のことです。
日本語では咀嚼錠(そしゃくじょう)とよばれることもあります。

水がなくても服用できるので、場所を選ばずに飲めるという特徴があります。
錠剤だけを持っていればいいので、出先で服用するのにも便利です。

ローヤルゼリーには、そのまま食べるタイプやドリンク、粉末、通常の錠剤にカプセルなど様々な形状や服用方法があります。
その中でチュアブルタイプは、最もローヤルゼリーの摂取に向いているといわれているタイプです。

何故かといえば、チュアブルタイプであれば、ローヤルゼリーを胃に運ばなくて済むからです。

本来ローヤルゼリーは、経口摂取に向いている食品ではありません。
ローヤルゼリーは多くの栄養素を含んでいますが、人の胃酸に非常に弱いのです。
胃の中に入ってしまうと、消化の段階で多くの栄養が壊されてしまいます。

しかしチュアブルタイプであれば、舌下吸引(ぜっかきゅういん)を行うことが出来ます。
舌下吸引では、舌の下に錠剤を含んで徐々に溶かしていきます。
そして錠剤を飲み込むことなく、粘膜や毛細血管から吸収していくのです。

直接血管へと栄養が取り込まれていくので、ローヤルゼリーが胃酸で破壊されることはありません。
また胃での消化・吸収のパートが省略されるので、その分早く栄養が体に回るのです。

錠剤だけで服用できる便利なチュアブルタイプですが、ローヤルゼリーの含有量が多いほど、飲みにくい傾向にあります。

加工前のローヤルゼリーには、舌を刺すような酸味や香りがあり、一般的に不味といわれることが多いです。
チュアブルタイプにはローヤルゼリーの風味が残り易いため、それだけ飲みにくくなります。
口の中でゆっくり溶かすので、味わう時間も長く、味が苦手な人には辛い部分でもあります。

この逆で、口に含んでいやすい味になっているものは、添加物が多いです。
飲みやすい一方でローヤルゼリーの含有量が少ない可能性が高いです。
どの程度ローヤルゼリーが含まれているのか、成分を確認した方がいいでしょう。

ローヤルゼリー製品はカプセルや錠剤が主流になっているので、チュアブルタイプのものは少ないです。
しかし吸収率が高く、栄養を壊さない舌下吸引が出来るチュアブルタイプは、ローヤルゼリーを摂取するのに理想的な形といえます。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品