ローヤルゼリーのデメリット

栄養が豊富でメリットの大きいローヤルゼリーですが、味や足の早さ、アレルギー反応といったデメリットがあります。

ローヤルゼリーはハチミツ同様、甘味が強いと思われていることが多いです。
しかしそれは間違いです。

ハチミツは花の蜜を濃縮・熟成させたもの。
一方のローヤルゼリーは、花粉や花の蜜を働き蜂が体内に取り込み、脂肪酸などと混ぜ合わせて合成したものです。

味は独特の酸味があり、舌を刺すような刺激があります。

一般的には好まれる味ではないので、摂取する際のデメリットといえるでしょう。

上記のようにローヤルゼリーの原料は、花の蜜や花粉です。
様々な植物から蜜や花粉が収集されるため、それだけアレルギーを起こす可能性も高くなります。

また、アトピーや喘息といった持病がある方は、ローヤルゼリーによって過剰な反応が現れることもあります。

少量ずつ摂取して様子を見るか、必要な場合は医師の判断を仰いでから服用してください。

さらにもう一つのデメリットとして、ローヤルゼリーの保存は非常に難しく、品質が劣化しやすいという点があげられます。

冷暗所で適切に保存していても劣化は早く、長期保存には向きません。
サプリメントのように持ち歩いて、出先で摂取することも難しいでしょう。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品