乾燥ローヤルゼリーのメリット・デメリット

乾燥ローヤルゼリーには、保存や持ち運びに便利で、継続しやすいなどのメリットがあります。
一方デメリットとしては、生のローヤルゼリーに比べて栄養が低い点があげられます。

蜂の巣から採取したての新鮮なローヤルゼリーが「生ローヤルゼリー」です。
この生ローヤルゼリーを乾燥させ、粉末状にしたものを乾燥ローヤルゼリーといいます。

生ローヤルゼリーは非常に繊細な食品で、冷凍や冷蔵保存が必須です。
それでも長期的な保存は難しく、すぐに品質が落ちてしまいます。

しかし乾燥ローヤルゼリーなら、直射日光や高温さえ避ければ長時間ストックしておくことが可能です。

常温保存ができるので、携帯して出先へ持っていくこともできます。
ローヤルゼリーの効果を得るためには、継続的な摂取が推奨されているので、持ち運びができるのは大きなメリットです。

またローヤルゼリーは不味であり、食べ辛いという意見が目立ちます。
舌がピリピリとするような酸味に、独特の香りもあるので、苦手という人も少なくないのです。

しかし乾燥によって味がかなり緩和されるので、乾燥ローヤルゼリーは飲みやすいといわれます。
サプリメントとしてカプセルに入れられることも多いので、味を全く感じずに摂取することも出来るのです。

さらに、比較的安価というのもメリットの一つになります。

そもそもローヤルゼリーは採取できる量が少なく、希少価値が高い食品です。
そのため、平均して高い値段がつけられています。

生ローヤルゼリーは、保存や取り扱いが難しいので、特に高騰しがちです。
これに対して品質管理がしやすい乾燥ローヤルゼリーは、比較的安い値段に設定される傾向にあります。

メリットの多い乾燥ローヤルゼリーですが、デメリットといえば、生ローヤルゼリーに対して栄養価が劣りがちな点でしょう。

栄養価が低いのは、生ローヤルゼリーを乾燥させる過程で栄養の一部を失うためです。
ローヤルゼリーは熱に弱いので、加熱して水分を蒸発させる場合には、特に多くの栄養が壊されてしまいます。

熱を加えずに乾燥させる方法も増えていますが、それでも生ローヤルゼリーの高い栄養価をそのまま保つことは難しいのです。
可能であれば、購入の前にどういった方法で加工されているか確認してみるといいでしょう。

ただ生ローヤルゼリーは、保存方法が悪ければどんどん栄養を失っていきます。
乾燥ローヤルゼリーは品質が変わりにくいので、安定して一定の栄養が摂れるのは乾燥タイプともいえます。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品