ローヤルゼリーが糖尿病の初期症状を予防する

高血圧、脂質異常症、肥満に糖尿病、これらは私たちの生活習慣から発症する生活習慣病と呼ばれるものの代表格です。
特に糖尿病は日本のみならず、世界で患者が増え続けており、まだ発症していない予備軍でも4100万人いると言われています。

糖尿病とは、血中の糖分が異常に高くなる病気です。
正常であれば一定の範囲で糖分は調節されていますが、インスリンの分泌の異常で糖分の調節ができなくなり、常に血糖値が高い状態になります。
血糖値が高いと、血管に損傷を与え、神経障害や手足の壊死、網膜症、動脈硬化や腎臓病、心臓疾患などの様々な合併症が引き起こされ大変危険な状態になるのです。
特に、肥満の人は注意が必要で、運動不足や暴飲暴食の末、血糖値調節が上手くいかず発症するケースが多いのです。

糖尿病の初期症状として「インスリン抵抗性」と呼ばれる状態があり、インスリンの作用が低下して血糖値が上がってしまうのです。
実はこの「インスリン抵抗性」に「ローヤルゼリー」が活躍してくれるのです。

女王蜂だけが食べることを許された特別な食事「ローヤルゼリー」は、インスリン抵抗性の進行を抑えてくれる働きがあるとの研究結果が出ています。
さらに、血中中性脂肪の増加までも抑えてくれ、メタボリックシンドロームまで予防してくれるのです。

そして、インスリンを作り出す膵臓のサポートをする栄養素にビタミンB6がありますが、ローヤルゼリーにはビタミンB6も含まれていますので、膵臓を元気にし、血糖値の調整に大いに役立つのです。

ローヤルゼリーは糖尿病の初期症状を予防してくれますが、それだけに頼っていても病気を治すことは出来ません。
糖尿病にならないためには、自らの生活や食生活を見直すことが最も重要なことなのです。

自覚症状がなくても、普段からあまり運動しない人や、偏った食生活を送っている人は糖尿病に注意して下さい。
また、すでに初期症状がある人は、病院との治療と合わせてローヤルゼリーを活用していくといいでしょう。


おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品