プリポリスとローヤルゼリの違い

プロポリスとローヤルゼリーは、同じ蜂が作りだすものですが、用途や生成過程が大きく違っています。
それぞれにどのような特性があるのか見てみましょう。

プロポリス

プロポリスは主に「蜂の巣の殺菌剤」として利用されます。
蜜蜂は数千~数万匹が集まり、一つの巣で生活をする生物です。
そのため巣の中を清潔に保つことが非常に需要になります。

材料になるのは、様々な樹木から集めた樹液や樹脂です。
これらを唾液と一緒に噛み続けることで、粘性のあるプロポリスが出来上がります。
完成したプロポリスで巣を補修したり、通路に塗り込むことで、抗菌・殺菌を行っているのです。

またプロポリスで塗り固めて、巣の入口を細くする行動も見られます。
これは帰巣した働き蜂が必ずプロポリスに触れることで、雑菌を持ち込ませないようにする工夫です。
加えて外敵が巣に侵入するのを防ぐ目的もあります。

万が一、外敵が巣に入った場合、蜂たちは協力して迎撃し相手を殺します。
小さな生物であればすぐに巣の外に運び出されますが、動かせないほど巨大な生物であれば、プロポリスで死骸を覆ってしまいます。

すると死骸が腐敗しないため、巣が清潔に保たれるのです。
それほどまでにプロポリスの殺菌・抗菌効果は高いといえるのです。

プロポリスを人が摂取した場合には、インフルエンザや花粉症の緩和。
さらに抗癌・抗アレルギー、抗生物質としての効能などが期待されています。

ローヤルゼリー

ローヤルゼリーは「女王蜂の食料」として生成される物質です。

花粉や花の蜜を材料に、若い働き蜂の体内で合成された後、咽頭線から体外へと分泌されます。
白っぽいクリーム状の物質で、女王蜂だけが食べることを許された食料です。

蜂の巣には「王台」という特別な部屋があり、ここで孵化した幼虫は次期女王蜂として育てられます。
女王蜂は生涯ローヤルゼリーだけを食べる必要があるので、合成されたゼリーは王台へと運ばれていきます。

ローヤルゼリーは非常に栄養価が高い物質で、普通の幼虫を女王蜂へと成長させるほどの効力があります。
つまりローヤルゼリーが、女王蜂を作りあげるのです。

プロポリスと比べると、サプリメントや健康食品として多くの製品が販売されています。
ローヤルゼリーは癌や生活習慣病の防止に効果的だと考えられているのです。

また、ローヤルゼリー特有の成分である「デセン酸」は、女性ホルモンと近い働きをすると考えられています。
そのため更年期障害やアンチエイジングの効能も期待されているのです。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品