ローヤルゼリーの味

ローヤルゼリーの味は一般に「不味い」と形容されることが多いです。

ローヤルゼリーは、発酵しているような独特の酸味が一番の特徴です。
さらに苦味も強く、舌がピリピリとするような刺激も感じられます。
甘みはほとんどなく、ハチミツのような食べやすさや味わいはありません。

ローヤルゼリーには特有の成分であるデセン酸が含まれています。
強い酸味の原因になっているのは、このデセン酸です。

ローヤルゼリーは非常に栄養価の高い食品であり、中でもデセン酸は有効な栄養素と考えられています。
デセン酸の含有量は、ローヤルゼリーの栄養効果を考えるにあたって非常に重要な項目です。

しかしデセン酸が多いければ多いほど酸味が強くなり、人にとっては食べ辛くなるというジレンマもあります。

さらに新鮮で品質のいいローヤルゼリーほど酸味や刺激が強いともいわれており、ローヤルゼリーを食べようと思った場合には、こちらも悩みどころですね。

ローヤルゼリーの味は嫌煙されることも多々ありますので、サプリメントとして、カプセル剤などで摂取されるのが一般的です。

また生のローヤルゼリーと比べて栄養は劣ってしまいますが、糖類を加えて甘みを強くし、食べやすいように加工した製品も販売されています。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品