酸素分解ローヤルゼリー

酵素分解ローヤルゼリーは、その名の通り酵素によって加工を行ったローヤルゼリーをさします。

ローヤルゼリーは大きく

・ほぼ採取したままの状態である「生ローヤルゼリー」
・生ローヤルゼリーから水分を飛ばした「乾燥ローヤルゼリー」
・生ローヤルゼリーに添加物や加工をくわえた「調整ローヤルゼリー」

この3種類に分類されます。
酵素分解ローヤルゼリーは調整ローヤルゼリーの一種です。

ローヤルゼリーは様々な成分や栄養で構成されていますが、水分の次に多く含まれているのはタンパク質です。
このタンパク質を、酵素によって分解した製品が「酵素分解ローヤルゼリー」なのです。

なぜタンパク質を分解するのかといえば、分解されたタンパク質の方が胃の中で消化しやすく、また効率よく吸収できるためです。

加工されていないローヤルゼリーのタンパク質は、固く結びついて結合しています。
これに対し酵素分解ローヤルゼリーのタンパク質は、アミノ酸やペプチドといった細かい成分に分解されているのです。

分解を行っていないタンパク質は、胃の中に入って初めてアミノ酸やペプチドの形に変えられます。
つまり酵素分解ローヤルゼリーなら、消化の手間が一つ省けることになります。

タンパク質に比べて小さいアミノ酸やペプチドは、体に吸収されやすいです。
商品や個人差もありますが、通常のローヤルゼリーに比べ2倍近く吸収力が高くなるともいわれています。
よく吸収されれば、それだけ高くローヤルゼリーの効果を実感できるのです。

また、酵素分解ローヤルゼリーは、前述の通り調整ローヤルゼリーの仲間です。
調整ローヤルゼリーには、人工的に様々な添加物や栄養素を付加することができます。

これを利用して、吸収したアミノ酸やペプチドの働きを促進する成分を配合することも可能なのです。
例えばビタミンB群は、アミノ酸の働きを活性化させてくれます。
製品の成分表示をチェックしておくと、より効率的にローヤルゼリーを摂取できるでしょう。

くわえて酵素分解ローヤルゼリーは、アレルギー反応を起こしにくいという特徴があります。

食品アレルギーは、タンパク質によって引き起こされます。
タンパク質が分解されていない状態で体に吸収されると、体はそれを栄養ではなく異物とみなします。
そして過剰に免疫機能が働いた結果アレルギー反応が起こるのです。

しかし酵素分解ゼリーのタンパク質は、体内に入る前にアミノ酸やペプチドに分けられています。
小さなアミノ酸やペプチドは異物と判断される可能性が非常に低いので、アレルギーが出にくくなります。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品