調整ローヤルゼリー

調整ローヤルゼリーは、ローヤルゼリーを加工して作られます。

蜂の巣から採取したままのローヤルゼリーを「生ローヤルゼリー」といいます。
この生ローヤルゼリーから水分を飛ばしたものが「乾燥ローヤルゼリー」です。
調整ローヤルゼリーは、これらを原料にして製造されます。

調整ローヤルゼリーは、全体の1/6以上が生ローヤルゼリーで構成されている必要があります。
また全国ローヤルゼリー公正取引協会では、調整ローヤルゼリーの定義として、デセン酸の含有量が全体の0.21%以上であることと定めています。
デセン酸とは、ローヤルゼリーに含まれる特有の脂肪酸のことです。

生や乾燥タイプのローヤルゼリーと比べると、調整ローヤルゼリーは栄養価がかなり低くなっています。
これはローヤルゼリーの使用量自体が少ないことや、加工の過程で壊れてしまう栄養成分が存在するためです。

とはいえ、様々な成分を人工的に付加しているので、本来のローヤルゼリーより含有量が多くなる栄養成分もあります。
またローヤルゼリーには含まれていない成分を配合し、多種の栄養を一度に摂ることも可能になります。

どういった成分を配合するかは製造メーカーの自由です。
どんな成分を添加しても問題ないので、例えば美容目的・健康目的など、用途を絞って成分を調整することも出来ます。
ローヤルゼリーを摂取することで特定の効果を期待している場合には、用途別の調整ローヤルゼリーがうってつけでしょう。

くわえて、味の調整がしてあるので非常に摂取しやすいのも調整ローヤルゼリーの特徴です。
生ローヤルゼリーは酸味や苦味が強く、多くの場合飲みにくいと評されます。
しかし調整ローヤルゼリーは、糖分などを加えて好まれやすい味に変えられているのです。

ローヤルゼリーは、継続的に摂取することで様々な効能が得られる製品です。
そのため「飲みやすい」というのは重要なポイントになります。
味が口に合わなければ摂取が苦痛になり、継続が困難になることも考えられるからです。

また調整ローヤルゼリーは、生・乾燥タイプのものと比べて安価で入手できます。

ローヤルゼリーは元々採取できる量が少ない希少な食品です。
生タイプになると製造や管理も難しいため、高級品として扱われることが多くなります。
しかし調整ローヤルゼリーは取り扱いが簡単で、ローヤルゼリー自体の含有量も少なめなので、比較的安価で購入できるのです。

おすすめの関連記事

トップに戻る
おすすめ製品